探 索 歩 道

BlueBanbiNet

・Home

・探訪回廊

・人物訪問

・探索歩道

・情報交換BBS

・交流BBS


探訪過去訪問

・第二回

・第一回

2003/07/07

人は立って歩く、歩き続ける。

いつも同じような所をぐるぐる回っていると、視点が変わらず見方も画一的になるので、今日は川越街道を散歩。いったん六道の辻に出、デイリーストアーの横から川越街道に。後はひたすら池袋方面に歩き続ける。てくてく、てくてく。昨日のなごりのお酒が身体に残っていて、少し息が酒臭い気がする。最近日曜日は晴れている時が多くて助かる。基本的に夏は好きなので、たとえ二日酔いであろうとも、日ががんがんに照ってふらふらしようとも全然平気だ。思考能力はゼロ。

池袋方面に向かい左側の歩道を歩いていく。赤塚の一笑ラーメンやスペースカフェを通り過ぎ、前の信号が赤になったので、気分で街道を横断する。今度は向かって右側の歩道をぶらぶら。ふと思いつき、ちょっと外れて裏側に回り、名にげに有名な中華料理屋“芝蘭”に向かう。すると、「汁そば終わりました」の文字が。そう言われると、急にラーメンが食べたくなるもの。食欲は無かった気もするが、再び川越街道に出て、じゃあどこで食べようかと思案しながら歩く。このへんだと、あそこか!Y'sラーメンに向かう。

遠目に見たら、やってるやってる。いそいそと出向き、さすがに暑いので“つけ麺”にする。たまに此処のが無性に食べたくなる時が有る。食べながらなぜか、昔湘南の海でサーファーに突っ込まれ、溺れかけた記憶が蘇る。水面の太陽の光と波のくだける泡。腹も膨れたので再び歩き始める。ちょっとは元気になった気がする。物を“食べる”という行為は凄く重要な事だとおもう。昨年末に腸をやられて入院していた時、1週間点滴のみで絶食していて、何か人生の楽しみがずいぶん減ってしまったような、機械の身体になってしまったような、妙な精神状態になった事が有る。食べる行為は生きる力を呼び起こす、そんな気がする。

咽も乾いているが腹ごなしにまたしばらく歩こう。緩いのぼり、また緩く長い下り。練馬自衛隊の前を通り過ぎながらトラックの列や、弾薬入れだったような木箱が積んであったり、記念碑が中に立っているのを見る。懐かしのトーホーボールも健在のようだが一階は何か工事中みたいだ。その横の環八を渡りかけると歩行者信号が点滅を始めるのでちょっと走る。中島みたいになっていて、えらく距離が有るのにすぐに赤に変わる。江戸の昔には信号も無ければ、鋪装もされていないこの道を江戸目指して皆歩いていたんだな、しかし歩いていて変な感じがするのはなんだろう、ああ車なら左側を走っているのに、右側を進んでいるから、なんか違和感を感じているんだ、文明に毒されているのかな等と取り留めの無い事を考えていたら、前方に知った顔が。地元の飲み屋の常連さんが自転車で向かってくるのが見えた。軽く挨拶をしてすれ違う。そしてまたお互いの行く路へ進んでいく。

上板橋商店街辺りで少し賑やかになってくる。タバコと飲み物を求めて立ち寄り、購入してから川越街道に戻る方向に抜けていく。ディスカウントフードショップやラーメン福心などが有る。日曜日のにぎわいと雑踏。昔あるお話の中で「水の中に済む魚は水が有るのに気がつかない」というなんかの例え話が有ったのを思い出した。当時は意味が良く判らなかった。でも歩いていて思ったのは、「人は人の中で暮らしているんだ」ということだった。どこで暮らそうと、人間は人の居る中で暮らし、お互いが介在し、交錯したりすれ違ったりして暮らしていく。ついつい自分の事だけに思いは行きがちだが、他の人も要るからこそ社会は成り立っている。当たり前の事だけど他人を無視しては成り立たない。だからこそ思いやりや気遣いが生まれる。世捨て人の様な暮らしをしていても、その人の社会の輪から外れる事はあり得ない。そんな事を考えてみる。

しかし都内のどこの街道もそうなのだろうが、途中でちょっと座って休める場所がなかなか無い。しょうがないので適当な所で立ち止まり、ジュースを飲み、一服する。暑い中歩いて来たので大変に美味しい。昔懐かしい“ビニール本自動販売機”横のゴミ箱に容器を捨てやや軽やかな足取りを取り戻して歩き出す。豆柴と書かれた小さなペットショップを見かけ、環七を横断し大山方面に入る。この辺はなぜかペットショップが多い。大山でふと一件のペットショップの前で立ち止まる。ガラスの向こうにチワワが一匹。やや俯きがちで、目をあわそうとしない。指を振ってみると悲しそうな目で動きを追う。少しよごれた毛布が敷かれたその空間で、毎日街道を行く人や車を見ているのだろう。何となくやるせなくなり立ち去る。ラーメン屋も多い。少し行くと、古いレストランだが厨房に活気がただよってる店が有る。何も無いなような場所でも、知らないお店やお店だった場所がある。歩かないと見えない物も沢山。

そろそろ足も疲れて来た頃、山手通りを越えた所でドンキ・ホーテに辿り着く。店内に入ると溢れんばかりの商品と人、ちょっと世話しない位の空気。今日の気分に合わないので早々に立ち去り、池袋駅をめざしラストスパートをかける。労働基準局の有る道を入り、様々な物が混ざり有った“カオス”の場所へ。そして休息を求め池袋西口公園へ。広場の外側の花壇縁に座り、近くで買ったジュースを飲み、タバコを吸う。大勢の人が話し、ある人は歌い、ある人は独りしゃがんだまま鳩を見つめている。いつもの街の雰囲気に徐々に慣れてゆく。人は歩き続けてゆく。人の中で時には立ち止まり、また再び歩き出す。

今回はちょっと番外編でした。デジカメもうっかり忘れてしまいました。そのため写真は成増を歩いている時に撮った“町の猫”です。失礼しました。yama

| ホーム | ネットワーク | 我が町あの街| 個々リンク | 交流掲示板 | 便利リンク | BlueBanbiNet

InternetExplorer5.1 Netscape 6以上推奨
Copyright 2003.Om. All rights reserved.

関連リンク

・ドン・キホーテ北池袋店


Leak_info過去記事

03/03/12 人が良いのは善い人か?
03/03/07 自己判断と安全
03/01/17 家族の一員になる時
02/12/20 地球シミュレータ
02/12/17 お店を選ぶ基準
02/12/14 人間の天敵は?
02/12/11 企業サービス
02/12/09 出合いと心
02/12/06 日本人は悲観的なのに悩みなし
02/12/05 サンタ追跡

Leak_infoリンク

連鎖メール拡散防止
警視庁ホームページ
AVA-net
aboabo's home
TOP500 SUPERCOMPUTER SITES
地球シュミレータセンター
日経レストラン
感染症情報センター
ヤマト運輸
総務省
こころのくすり箱
ThePewResearchCenter
NORAD サンタ追跡