Blue.Banbi.Leak_info
<< Index

ブルーバンビが独断で選ぶニュースや話題、関連サイト等を紹介します。

2002/12/14

人間の天敵は?>> 米大統領、米兵に天然痘ワクチン接種を命じる(世界日報社)
現実の世界には自然の法則が存在し、何物も逆らう事は出来ません。恐らく。
今年も押し迫って来て、インフルエンザの注意が呼び掛けられています。
最近はただでさえ自然界のバランスも狂って来ているので、関係機関では、さらなる変種の警戒がされています。60年も前にウイルスが分離され膨大な研究がなされているにもかかわらず、いまだにインフルエンザは世界中いたるところで流行が見られています。流行状況やその把握、感染と免疫のメカニズム、ウイルスが変異をしていく理由、予防方法などインフルエンザの基礎は、急速な進展を遂げながらも十分に解明されていないのです。
今月13日、アメリカ大統領発表で生物兵器による攻撃に備え軍関係者50万人に天然痘の予防接種を受けさせることを正式に発表しました。天然痘ワクチンの接種を受けると、確率は低いものの、最悪の場合、死亡することもある。接種者100万人のうち約1000人程度で、死亡するのは同100万人に1―2人という。そのため大統領自身も「軍最高司令官として、自分も同じリスクを負わないで、人に接種を勧められるとは思えない。だから軍関係者と一緒に私も接種を受けるつもりだ」とのこと。
実際に天然痘の攻撃が差し迫っているわけでは無いと言ってますが、実際どうなんでしょうか?今後民間人特に救急救命士や医療関係者ら天然痘ウイルスにさらされる危険の高い職種の関係者からの接種希望があれば応じるという事です。今後日本がこれを見てどう言う対応をとるのでしょうか。今後どんな自体においても自分で情報を集めて注意し、自己防衛しないといけない状況が迫って来ているのは確かなようですね。yama

過去記事
02/12/11 企業サービス
02/12/09 出合いと心
02/12/06 日本人は悲観的なのに悩みなし
02/12/05 サンタ追跡

| ホーム | ネットワーク | 我が町あの街| 個々リンク | 交流掲示板 | 便利リンク | BlueBanbiNet

InternetExplorer5.1 Netscape 6以上推奨
Copyright 2003.Om. All rights reserved.