Blue.Banbi.Leak_info
<< Index

ブルーバンビが独断で選ぶニュースや話題、関連サイト等を紹介します。

2002/12/11

企業サービス >>元日からローソン店内に郵便ポスト(産経新聞)
宅配便業者のサービスでメール便というサービスが有ります。
メール便とは普通郵便と同じように、ポストなどへ直接投函される形式で配達されるサービスです。一般の宅配便と異なり安価で配達が可能です。重量が300gまで大体160円前後500gまで約210円で利用できるもので、郵便を利用して送る場合250gまで240円とくらべるとかなり安いです。カタログ等の簡単な物の宅配ならば、企業に取ってコストが削れます。ポイントは、宅配便業者がメール便専用の業務では無く、他の宅配物と一緒に持ち運び、手渡さずに確認無しで投函する為、専用に人員を裂かなくて済むのですが、そのため日時指定等が効かないと言う事です。さらにメール便業界が抱えている問題が、貨物の配達状況に関する情報、つまり貨物の現在状況と配達できなかった貨物の把握で、現状では正確になされていないことです。
メール便配達するつもりで支店から大量に受け取るも、なかなか配達できず季節物カタログ等、時期を逃して大量に廃棄、と言う事も起こり得る訳なのですが。
メール便サービスを一部利用する通販業者等でも『お客様のご希望があればお客様の自己責任にてメール便を使用して配送させていただくことが可能です。』『運送上及び運送後のトラブルは一切保証されません』と注意書きをしている所が多いです。
しかし本当の問題はなんでしょうか?確か小泉首相の政権改革の一つである郵政改革。民間企業の郵便事業への参入を認める為の「信書便法案」があったわけですが、この法案は問題が多く、参入において最も有力視されていたヤマト運輸株式会社はその規制を嫌い蹴りました。これは11月の時点でも考えを変えていません
公共事業が民間の事業意欲を殺がずに民間並の効率的な運営を行えるのであれば民営化を特に進める必要は無いと思います。だからといって、お偉いさん(議員等)の言葉一つで体質が左右され、国家保証という大風呂敷で運営されては民営を圧迫し、金融機関救済のために公的資金をつぎ込む『どうせ失敗しても政府が助けてくれる』例にあるような問題が生まれるからです。国家保証の裏には全て“国民の税金”があるのです。ここは自分の住んでいる国なのです。国のやっている事は国民にとって無関係な事は何一つ有りません。yama

過去記事
02/12/09 出合いと心
02/12/06 日本人は悲観的なのに悩みなし
02/12/05 サンタ追跡

| ホーム | ネットワーク | 我が町あの街| 個々リンク | 交流掲示板 | 便利リンク | BlueBanbiNet

InternetExplorer5.1 Netscape 6以上推奨
Copyright 2003.Om. All rights reserved.